人間関係

人間関係
日野道場ロゴ
今すぐ始めろ!2

先日、こんな話も聞いた。 夕方のJR神戸線。通勤の人達で一杯になりつつある。ホームには白い杖を使い聴覚も障害があるお年寄りがいた。 友人は、すぐその傍に行き、電車のドアに誘導した。ドアが開き大勢の人が降りてくる。しかし、 […]

続きを読む
人間関係
日野道場ロゴ
今すぐ始めろ!!

会話が苦手、ということになると、「コミュニケーション能力が不足」ということになり、専門のセミナーを受けたりする。私から見ていると、その講師たちそのものにコミュニケーション能力が無い、あるいは足りない人が殆どだ。それはセラ […]

続きを読む
人間関係
日野道場ロゴ
相手から舐められると

権利を主張する前に、義務を遂行しろ、なのだが、その権利の主張は妥当かどうかを考えた事があるのか、と思われるような主張が多い。その昔、アメリカで大学側の教え方が悪いから、卒業出来なかったと、大学を提訴した事件が報じられてい […]

続きを読む
人間関係
日野道場ロゴ
どうすれば?はない

「関係」が見える稽古。もちろん、真剣向かい合い以外にはない。 上段に構えた剣と向かい合い、相手の気持ちが動くと同時に相手の中に入る。タイミングではない。タイミングは狂う時もある。それでは武道では死だ。そこの設定が難しい。 […]

続きを読む
人間関係
日野道場ロゴ
誉めるの裏側

「誉める」には、もう一つ理由がある。それは、「私も共感したよ」と思われたいからだ。つまり、仲間外れになりたくないからだ。 大事なことは、否定する場合は相手と対峙する場面が現れる。対峙したくない場合は、相手を肯定するし誉め […]

続きを読む
人間関係
日野道場ロゴ
人は対等の筈だが

「誉める」のは大事な事だろうか?というよりも、「誉める」という考え方を持っている必要があるのか?と考える。 私は天邪鬼だから褒められたら腹が立つ。というよりも、「お前には褒められたく無い」「お前のレベルのことはやっていな […]

続きを読む
人間関係
日野道場ロゴ
言葉の要らない関係とは

仕事ができるというのは、融通が効き、尚且つその場その場に合わせて柔軟に対応出来る能力がある、ということだ。もちろん、そこには人に対して好感を与える、という基本的なことが備わっていなければいけない。 何かしらの仕事で、その […]

続きを読む
人間関係
日野道場ロゴ
感性を磨く事が

ネットを徘徊していると、若い人たちで未来を見据えた討論をしている人たちもいる。しかし、ビジネスというジャンルがあるのか無いのか知らないが、そちらの世界では未来とは言っているが、結局は過去の遺物を装飾を変えて引っ張り出して […]

続きを読む
人間関係
日野道場ロゴ
言葉はレッテルではなく生ものだ

くだらない記事を目にした。このクレーマーというか訳の分からない、つまり、頭の悪い連中を私もいくらでも体験している。いくら話しても話が通じない人たちだ。私達が使う言葉は、その状況と関係によってのみ有効だ。これは当たり前の事 […]

続きを読む
人間関係
日野道場ロゴ
仲間が頑張ってくれている

やっと春らしくなってきた。来週は熊野に帰って、屋根修理とドラムの訓練をする。屋根修理の方は、どう考えても足場が必要だ。これの中古を手に入れようと、あちこち探しているのだが、どうも品薄のようだ。災害の復旧や建築ラッシュが重 […]

続きを読む