人生
フランスからの客人を大阪のディープな世界へ、まずは通天閣やろ新着!!

今日は、フランスで活躍する声楽のyukimiさんと、大阪で食事をする事になった。 食事だけは味気ないからと、大阪のディープな世界を案内しようということにした。もちろん、ディープな世界は今やスマホ片手に小奇麗な兄ちゃんや姉 […]

続きを読む
人生
人は人の影響を受け人並みになる、それは思春期だからこそではないかと思う。新着!!

「影響を受ける」とよく言うが、私はこの思春期の時期にあらゆる人達の影響を受けた。だから「私」が育ったのだろうと思う。
人として成長していく為の、様々な問題を一挙に解決してしまう根本を育てる為の時期だからではないかと思う。

続きを読む
人生
屈辱であり恥だ、という意識が「くそ~」を生んだ。感情的な言葉が感情を育み私を人並みにしてくれたのだろう。新着!!

「日野君、飲んでごらん」私が入れたコーヒー40人分を全部流しに捨てられた。
これは私にとって屈辱であり恥だ。
だから「くそ~」であり「見とれよ」になるのだ。
「それを受け入れて」という冗談は無い。まずいコーヒーを入れたのは私だ。

続きを読む
人生
「嫌い」に打ち勝つ力は負けん気だが、それは最低の体験が生み出してくれるのだ新着!!

「嫌いに打ち勝つ力」だが、私の場合は「出来なければ気分が悪い」が発動する。いわゆる「負けず嫌い」だ。チーフがバースプーンで味見をしてくれた。
たてたコーヒーが入ったポットを流しに持っていくと、40人前そっくり捨てられてしまった。「日野君、こんな味お客さんにだせないで」と。

続きを読む
人生
嫌ならやめれば良い、を行動する時には条件がある

「興味深い」と感じ進んだ道でも「嫌なこと」は山ほど現れる。
そこで重要になるのが「強さ」だ。
「嫌な事」に打ち勝つ強さだ。打ち勝つ力が付いているとすると、「嫌なら辞めればよい」を行動するのは正解だ。

続きを読む
人生
好き・嫌いという感性は、磨かなければ幼いままだ

無意識的に「好き・嫌い」を価値観を決める定規にしていたのに気付いたのは1968年20歳の時だ。
「好き・嫌い」は、多分誰にでもある感性的反応だ。
それを磨かなければ、低次の感性的反応しか起こらない。
その事に気付いたのは、それから20年後くらいだ。

続きを読む
伝統武道
気持ちが手段を下支えするが、根本的には「気持ち=私」だと考える方が面倒ではない

よくよく考えると「気持ち」と私を切り離す事は出来ないのだから、「気持ち=私」でもあるという事だ。
神田道場に、ここ数回オランダからアーチストが来ている。 前回は、少し体重移動の基礎の片手両手持ちを教えた。昨日は三角形という考え方を伝えた。で面倒なので、「相手の目をしっかり見て、その方向に動いてみよう」というと、多少は手こずったが出来た。要領を見つけると何度か自力で成功させた。

続きを読む
ワークショップ
身体は繋がっているのだが、実際の動きでは気持ちや思いがそれをバラバラにする

身体を動かしているのは間違いなく頭であり、気持ちや欲求だから、もしかしたらそこにも原因があるのではないか?
と自分自身を探求して欲しいのだ。

続きを読む
表現する
自分が自分の身体で何をどうしているのかを知っているのかどうか、それを知らなければ砂上の楼閣だ

武道や武術をやっていて、身体に対して客観的視点を持っていない、というのには驚く他は無い。それを持っていなければ、どうやって上達していくのか教えて欲しい。

続きを読む
人生
「セリ鍋」は無茶苦茶美味しかった、その後の雑炊も胃袋が満たされていなければいくらでも入った!

「セリ鍋」これが絶品。
後のおじやが、これまた美味しい。毎年の仙台でのコミュケーションセミナーを終え懇親会での話だ。

続きを読む