昔日の剣の達人
伊藤一刀斎は
「身体に備わる機能を使うことが剣の妙機」だと
記しています

それを簡潔に言うと、無我無心になると身体が解放される、また、解放された身体がからだとして合理的に働くから、そこを稽古していくことが、たどり着く答えだと発見したのです。
「面白いでしょう」剣の極意が刀の使い方や足捌きといったことではなく、身体の機能を使うこと、という事が。
それは、武道はどこまでいっても人との関係で成り立っているからです。
つまり、自分だけがいくら頑張っても駄目だと、今から400年も前に看破していたのです。
しかも無意識領域を働かせることだと言い切っているのです。
日野武道研究所では武道史に残る教えや言葉から、からだと自分との関係、そして他人との関係にアプローチする。そのことを武道だと考えています。
つまり、武道の「技」は、「からだ(こころも含む)の技術」だという捉え方です。

身体を使う?

身体を使う、身体の使い方、というコピーが沢山溢れています。
身体を使うというのは、頭を使うということで、身体の使い方というのは、考え方ということです。
当たり前の事ですが、身体が勝手に動く事はありません。
身体は、頭や気分、欲求が動かしているのです。
ですから、考え方を変えることが、身体に新しいプログラムを導入するということになります。
例えば、道を歩く時、自分の注意を胸骨の中心に向けてみましょう。
そして、動きをリードするのは「胸骨」にしてみましょう。
歩くスピード、姿勢、全部変わります。
つまり、「胸骨に注意を向ける」という考え方が、身体を変化させたのです。
ちなみに、サッカーの名選手メッシは「サッカーは胸骨でやっている」と言っています。

武道とは、何でしょうか?

武道を簡潔にいうと「自分を超えていくこと」を目的に稽古をすることです。
自分のクセ、自分の考え方、自分の価値観、自分の感覚、自分の身体……
それらを超えていくこと、つまり、色々な意味で自分を成長させる為のものなのです。
そして、それは「人との関係」の中で生きているので、そこで自分らしく生き生きと生きていく為に必要なのです。
まず、勝ち負け、白黒、という考え方を変えていきます。
相手のいう事を聞く。これは相手という他人を使って、自分の幅を広げる為です。
しかし、これは外国の人達には至難の業です。
「私は」という考え方だけで育っているからです。
相手を聞く、というのは、自分の身体や頭には、自分の体験や知識しかありません。
そこに相手という、自分ではない体験を足せば、誰が考えても自分の幅が広がるのが理解出来ると思います。      

自分を超えていく

自分のクセ、自分の考え方、自分の価値観、自分の感覚、自分の身体……。
でも、それらは「自分が知っている」のでなければ、変え様も成長させようもありませんね。
ですから、自分を知ることが、自分を超えていく鍵です。
「自分では丁寧に相手に接しているつもりでも、相手には自分勝手に動かしていると言われる。
また、第三者の視点からも雑に扱っていると言われる。何とか修正したいが、自分では丁寧に接しているつもりなので、どうしたらよいか分からない。
頭で考えてはいけないのは分かっていても「もっと相手を感じよう」とか「もっと丁寧に」とか考えてしまう。
だから実際には何もやっていない  武禅 初参加30歳代 会社員」
これは「武禅」の参加者のレポートですが、大方の人は「自分を知らない」のです。
知らなかったら、知ればよい。ただそれだけです。

身体には無限の可能性がある

身体には無限の可能性があります。
例えば「火事場のバカ力」と言いますね。
それが身体の可能性を開く鍵です。
つまり、頭(意識)が「もう無理、これが限界」等と身体に働きかけるので、余程切羽詰った時、つまり「火事場」でなければ、その能力は発揮されないということなのです。
ですから、いくら身体のトレーニングを積もうが、自分の限界は直ぐにやってくるのです。
それは、プロのアスリートの方達や、プロのダンサー達には死活問題です。
だから、その限界を突破する身体の使い方、意識の使い方に飛びついてくれました。
最初は、オリンピックに出場し、次を狙う選手でした。
また、2005年から招聘され指導続けている、ドイツを拠点とする、世界のトップダンスカンパニーのフォーサイスカンパニーです。
そこを皮切りに、多くの有名カンパニーや、芸術大学。特に外国では、理解者は増えています。
それは、何故かというと、西洋で発祥している身体理論の行き詰まりを、肌で感じているからです。
ですので、2005年から毎年ヨーロッパに指導に言っていますが、招聘される国はどんどん増えていっています。
身体の持つPotentialを引き出すポイントは、ずばり「胸骨」にあります。
胸骨を操作し、背骨、肘、膝、骨盤等へ連動させるのです。
もう一つあります。
「足を突っ張らない・力まない」ことです。
これは今すぐにでも試せるでしょう。
足を突っ張らなければ身体が、無駄な力みを持つことはありません。
そうすると、自分の実力は十分に発揮されるのです。

お問い合わせ・見学のお申込み・道場に関するご質問は下記フォームからお気軽にご連絡ください