明鏡塾

明鏡塾
何を感じているのか?を教えるのは難しい。それぞれの感性を大事にしたいから

昨日は「大阪・明鏡塾」だった。 「触れる」相手に触れている時、私が何をしているのかを教える事は出来ない。意識的に、あるいは意図的には、何もしていないからだ。 ただ入って来る情報を捕まえている、ただそれだけだからだ。 教え […]

続きを読む
明鏡塾
短時間で良い目になった、比例して声がぶつからなくなった。

「東京・明鏡塾」だった。 今期は認知行動療法の医師が受講している。となると患者さんとの会話が必須だ。そこで本当の意味で会話が出来る事は、病状の治癒や改善が早くなるという事に繋がるのだ。

続きを読む
明鏡塾
明鏡塾新規講座が始まった

9月は東京・大阪明鏡塾の新規開講だ。まる1日「関係」を稽古する。稽古と言っても、そこには「触れる」や「気持ちを届ける・聴き取る」という難関があり、それに挑戦していくのだ。

続きを読む
明鏡塾
固定観念が崩れると見えるものが変わる

オット、8月になってしまった。 「大阪・明鏡塾」もコロナのおかげで、受講は半分しかいなかった。おかげで、「関係」に深く挑戦した。今期が初めての人には「???」だったが、それなりに取り組んだ。 全員、改めてそれぞれのワーク […]

続きを読む
人生
深さへの挑戦は

明日は「大阪・明鏡塾」8期の終了だ。復習も兼ねるが前にも進みたい。 もちろん、前に進むというのは、文字通りの前ではなく「上達」への道標だ。 武道であれ、明鏡塾のパーツであれ、一つずつがいくらでも深くなるし、その一つで全体 […]

続きを読む
明鏡塾
また一歩前進した

東京明鏡塾13期は、昨日終わった。 足かけ7年に渡って続いている「明鏡塾」、再受講してくれている人はありきたりの感想を持たない。 それは「当たり前の事・普通の現象」になっているからだ。 それよりも、自分自身が見つけ出した […]

続きを読む
明鏡塾
明日に繋がる時間

「気持ち」とか「思う」とか、言葉では違うように現せるが、実際としてそこを混乱させている人、あるいは、整理した事の無い人に説明するのは難しいし、説明出来たところで混乱している人には整理できない。 それは、全部解釈で納得する […]

続きを読む
明鏡塾
一つの事が出来るには

「東京・明鏡塾」13/4を終えた。今期から受講している人には、少し難しい内容になってしまった。内容が難しくなっただけで、表向きは変わらないので、そこにあるレベル差を感じ取れるから、ある意味で自分のレベルを知る事になる。 […]

続きを読む
明鏡塾
講座は生もの

大阪「明鏡塾」8期2講座目は、翻車魚違ったまん防も終わり、久しぶりに賑やかだった。 何時も書いている目的のすり替えは、どこでも起こる。それは「自分で勝手に」考えるからだ。それと、目の付け所が間違っている事もある。それだと […]

続きを読む
明鏡塾
久しぶりに感じた明鏡塾

「明鏡塾」13期2講座は、1か月ぶりなのだが、1年も経ったような感じだった。時間が遅いのか早いのか定かではないが、受講生をかなり新鮮な感じがした。 使える「イメージ」とは、雰囲気を伴う身体運動は、他者の身体に影響を与える […]

続きを読む