感性

感性
日野道場ロゴ
私は間違っていない

誰しも、自分の考え方は間違っていないと、どこかで思っている。 もちろん、私もだ。 どこかというのは「無意識的に」と言った方がいいだろう。 その考え方という中には、ものの見方や感じ方他、あらゆるものが含まれる。 もちろん、 […]

続きを読む
感性
日野道場ロゴ
頼もしい

「自分の事を言葉にすることは難しいが、自分が自分である事に変わりはない。 あえて、言葉で、つまり意味で自分探しをするからややこしい話になるような気がしてならない。」 28歳の青年理学療法士の言葉だ。 まさしくだ。 こうい […]

続きを読む
感性
日野道場ロゴ
使い分け

自分の枠から出られないということを、どんどん拡大したり、逆に狭めて行くと結果として、自分の持つ意識の外には出られないというところに突き当たる。 それがお釈迦様の掌だ。 だからどうせいというのか? 意識のない世界へ行けとで […]

続きを読む
感性
日野道場ロゴ
そうだろな

映画の中で使われている台詞には、優れた言葉が沢山ある。 ショーン・ペイン扮するカメラマンが、ヒマラヤの雪豹を追って尾根から出てくるのを待っているシーンで、アメリカから彼を探し求めて辿り着く主人公。 雪豹を現地では幽霊猫と […]

続きを読む
感性
日野道場ロゴ
海外と日本の違い

先日、久し振りに教室で爆発した。 初心者同士が組んでいるにも関わらず、「つながった感じがした」だの「それでいいです」だの、まるで10年は経験があるもの同士、理解できている人同士の会話になっていたからだ。 もちろん、この光 […]

続きを読む
感性
日野道場ロゴ
好き嫌いに振り回されるな

以前にも書いたことがあるが「日野さんは、人の好き嫌い、合う合わないは無いのですか」とよく聞かれる。 しかし、質問されるから、そこを振り返って見ると、意外と無い。 それより以前に「こいつは何や?」が働くことに気づいた。 「 […]

続きを読む
感性
日野道場ロゴ
知らないことを知っても分からない

「知らないことは習えない」「知っているから理解でき、習える」これは当たり前のこと。 知らないことを質問したり習っても、応えてくれている人、答えてくれている人が何を話しているのか、分かる筈もない。 知らないことなら自分の力 […]

続きを読む