伝統武道

スポーツ
久しぶりの大阪弁は嬉しかったわぁ!新着!!

早朝5時過ぎ、シンガポールに着いた。チャンギ空港は近代的な設備が整っていた。 何よりも美しい。その意味では羽田や関空の比ではない。 帰国の時も改めて空港を見渡したが、スッキリとしていて美しいと感じた。 迎えの車に乗りホテ […]

続きを読む
お知らせ
明日は忙しい新着!!

明日は「大阪・明鏡塾」11期講座4だ。確実にそれぞれに進化しており、それが柔整師ならでは鍼灸師ならでは、という具合に、「それぞれ」を鮮やかに見せてくれる。 講座が終わると懇親会が毎回行われるが、明日は中止だ。明日は、講座 […]

続きを読む
お知らせ
クリスチャンと

だが、面白い事に武道に関する事は、日本人よりも通じる。
稽古のアドバイスも一言二言ですむ。

日本人には、それこそ何か商品の紹介をするように説明しなければ通じない。

そういった愚痴は、彼らと稽古をしたり古くはフォーサイスカンパニーのダンサー達と稽古をする事で感じた事だ。
「どうして?」だ。

続きを読む
お知らせ
チグハグでは混乱しかみえない

「何を言ってるのか分からない」よく使う言葉だ。面倒だからそれすら言わない事も増えている。 「先生、怒らなくなりましたね」これもよくいわれるが、面倒になっているのだ。 何を言っているのか分からない、は、その人の言葉ではなく […]

続きを読む
スポーツ
もったいない時間

「どうして、そうなるのか?」そんな疑問を持たれる。 手品の話しではなく、私が見せる「武道の技」の話だ。しかし、その理屈と身体や意識のあれこれを実感できると、その人には「出来る」のだ。 だからこの場合の「どうしてそうなるの […]

続きを読む
お知らせ
稽古を考えると

稽古納め、あるいは納会等と呼ぶ。日本の良い習慣だ。 ただ個人的には、区切りなく稽古をするので稽古を納める事は無い。 大方の人は稽古をどう捉えているのだろうか?例えば、剣道をしている人、空手の人柔道の人。 それぞれだろうと […]

続きを読む
お知らせ
残してくれたもの

懇意にして頂いていた宮大工が亡くなっていた。はがきが知らせてくれた。 もう、30年以上のお付き合いだった。その間に、木の話、木組みの話、細工の話等々、職人さんならではのお話を沢山聞けた。 その宮大工さんも、弟子入りをして […]

続きを読む
お知らせ
出会いをモノにできるのは感動から

私が今の私というか、何かしら創造的な方向に進むキッカケは、何時も書いている中学生の頃の器械体操だった。
一つ上の先輩の大車輪を「カッコいい!」と感動し「それをやりたい!」とこころが動き「絶対やる!」と決断し行動に繋がった。
この一連の気持ちというかこころの動きが、実は唯一無二の自己実現の方程式だと今なら確信できる。
もちろん、それはその頃は知らないし興味もなかったことだ。
今振り返ると、という結果論だ。
最近、ワイルド・スピード森川葵さんという女優を注目している。
彼女がTVで、様々な名人・達人の技をモノにしてしまう姿を見た。
そこにはこの「カッコいい!」と感動し「それをやりたい!」とこころが動き「絶対やる!」と決断する、という方程式そのものがそのまま彼女にあった。
絵に描いた様に、見事に方法論を凌駕していたからだ。
それを見ていて、改めてこの方程式しかないと確信したという事だ。

続きを読む
スポーツ
本当に本当か?

大阪「明鏡塾」11期も、初日にしてはかなりの出来だった。懇親会で、4期から連続再受講する柔整師が初受講の理学療法士の方に「初日でこんな感じになるなんて凄いですよ」と、話していた。 こんな感じ、というのは、「患者さんに話す […]

続きを読む
お知らせ
沖縄は来年お休みです

沖縄のワークショップが好きなのは、人の距離感が近いからだ。それが新鮮だったのだ。 当初その事に気付かなかったが、東京や大阪のワークショップの受講者が、ダンサーや役者中心から、一般の人が多くなり、人同士の距離が遠いことに気 […]

続きを読む