人生

からだ
人間的強さや弱さ、そして楽しさ

始まった!と思ったら、もう終わった。何でもこれだ。 人生も長く感じるが、終わりは早い。何れも「期待感」があるからだろう。 2日目は北海道からも受講してくれた。もちろん、常連さんというか、消化したら顔を出してくれる、という […]

続きを読む
からだ
東京夏のワークショップ初日終了

夏の東京ワークショップが始まった。宣伝が出来ていないにも拘らず、大勢の人が受講してくれている。 今回はタイミングよく、イタリア・ミラノからジュエリーデザイナー、オーストラリアで元フォーサイスカンパニーのダンサーから聞き、 […]

続きを読む
スポーツ
日本の文化としての武道は

そもそも私のワークショップは、2005年4月ドイツ・フランクフルトで始まった。 本にもなっている(ウイリアム・フォーサイス、武道家日野晃と出会う 白水社)、コンテンポラリーダンスの巨匠、ウイリアム・フォーサイスに招聘され […]

続きを読む
お知らせ
自然に、とは?

熊野に帰ると、碧い香りが押し寄せて来る。春というよりも夏に入る気配だ。 「あおいかおり」と書き、思わず「碧」という漢字を使ったが、それだけ「アオ」があるとは漢字を見て気付いた。「そうやった」と。 これだけ感性が繊細な民族 […]

続きを読む
お知らせ
エッセーが本になるんやて

2007年から始まり180回を数える「雑誌秘伝」に書いているエッセー。途中で、私の特集や対談等があった時をのぞいて書いているので、180回になるのだろう。 これをまとめて一冊にするという企画が持ち上がり、多分来月辺りに発 […]

続きを読む
人生
巨人が一人旅立った

たった今知った、指揮者の小澤征爾さんがお亡くなりになった。
結局、一度もその指揮ぶりを体験出来なかった。

「23歳で単身、フランスに渡ると、現地で行われた指揮者のコンクールで優勝して飛躍の足がかりをつかみ、世界的な指揮者、カラヤンに師事した。」という話を15.6歳の時に知り、単身スクーターで行った事に驚いたものだ。

当時は、ベンチャーズやビートルズ少年だったから、まさかクラシック畑の小澤征爾さんに興味を持つなどとは夢にも思わなかった。

続きを読む
つれづれなるままに
あの時は熱く、誰もが生きていた

大阪のワークショップでの質問で「今迄生きて来た中で、今が一番だと思いますが、強いて上げるとしたら何時の時期が良かったですか?」と問われた。 おっしゃるように、何がどうなっていても「今が一番」だ。その時間を対処している私を […]

続きを読む
人生
我が道を行く

天邪鬼は「皆と同じ」に違和感を感じていたからだ。
その意味で、中学生の頃から「我が道を行く」を歩んでいたのだろうと思う。
天邪鬼だから、常に「皆と同じ」人と衝突しながら76回目の誕生日を迎えた。これからも死ぬまで「我が道」を行くのだろう。

続きを読む
お知らせ
限りがあるんやで

道場に来る人やワークショップに来る人と話をすると、面白い事に気付く。 それは、大方の人は何かを習っている時、その先生の話を鵜呑みにしている事だ。私からすれば「どうして鵜呑みに?」なのだが、どうもそれはないようだ。 もちろ […]

続きを読む
お知らせ
クリスマスか、、、

「I'm dreaming of a white Christmas Just like the ones I used to know~~」半世紀前の今頃は、ホワイト・クリスマスだらけだった。 あっちのホテル、こっちの […]

続きを読む