こころの絆

 

武禅って何?
こころが向き合う
みんなのサポートがなければ私は人と関わることの楽しさの感覚も気がつかないまま、薄っぺらい表面だけの人生を幽霊みたいに生きていったと思います。
みんなが私の声を受け取ってくれようとしているのを感じると、本当にうれしかった!
うれしくてしょうがなかったです。人とつながるというのはこういうことかと身をもって体験しました。(参加者の声より)

こころを目覚めさせる



 こころの向かい合い(視線はこころの窓)

 

 

日常生活を送っている時、ごくごく当たり前のこととして、人は人と向き合います。
両親と子供と、友人と、恋人と、夫婦で、部下と上司と、書き出せば切りがないくらい、社会的立場によって様々な人が様々な人と向き合っています。
でも、本当に自分のこころも向き合っているのでしょうか?
こころが向き合えば、こころの共鳴が起こり、そこにある種の感動が生まれ、全ての人間関係がよくなるはずなのですが……。


ここでは、その「こころが向き合う」という基本的なことから入っていきます。
あなたが、刀を構えている相手の前に立ちます。
ただそれだけですが、その事で、自分のこころがざわついていたり、雑念が頭をかすめているのに気が付きます。
つまり、
こころが向き合っていない、という事に気が付くのです。

逆にあなたが刀を持った時、目の前にいるはずの人が「なんだか遠いなあ、私を見てくれていないなあ」という、相手のこころが自分に向き合っていないことを実感します。
それが大切な第一段階です。

それを実感できるだけで、日常で自分に向き合ってくれているはずの人が向き合っていないことに気が付くでしょう。
しかし、あなたは誰とでも向き合えるようにならなければなりません。

そうする事が、
誰でもあなたの事を信頼しこころを開いてくれる事、そして、誰からも受け入れられる事なのですから。

向かい合う安藤洋子さん

心の歪みは身体に現れます。姿勢を修正する事も見詰め合う手段の一つです。何故なら身体は精巧なレーダーですから、姿勢の善し悪しが受信発信力と関わっているのです。

こころに「声」でふれる(気持ちの受け渡し)
 

こころの叫び

こころは叫んでいる
誰でも、とにかく自分が話をしようとする相手が、全員自分にこころを開いてくれたらどんなに嬉しいでしょうか。
一生懸命話をしても、どうしても分かってもらえない。

それは、相手のこころを開く姿勢が出来ていないからです。
ということは、説得力や信頼関係・恋愛関係他という人間関係が築き難いという事になります。
それは、あなたが、「会話」を誤解しているだけです。


会話とは、「言葉の意味を理解することではない」と分かって下さい。
もちろん、言葉を理解することは大切なことなのですが、その前にもっと大切なことがあるのです。
自分の
「こころ」が相手に向っているのかどうかなのです。
そして、相手に伝えたい気持ちが溢れているかどうかなのです。
極論を言えば、「こころの叫び」を持っているかどうかです。

こころが相手に向っていない言葉は「音」でしかありません。
ですから、やかましく聞えてしまうのです。
こころの上に乗った“伝えたいこと”は、「言葉」として相手のこころに届きます。
すると、相手はあなたに対して強い印象を持ち
「存在感のある人」だと捉えます。

話術が巧みであったとしても、相手が「存在感の無い人」だととらえた時、「自分の意見を押し付けてくる人」だと感じた時、あなたの言葉は空に消え、あなたの事は印象に残りません。
逆に「嫌な人」という印象を植え付けてしまうのです。

つまり、「人と人のつながり」は色々な手法や手段、マニュアルが作り出すものでは無いという事です。
自分自身の「こころの共鳴」が作り出すものなのです。

ここでは、まず「こんにちは」と相手に伝えることからはじめます。
そして、その「こんにちは」を受け取ってみます。
すると不思議なことに、こころが伝わったとき「からだが反応」するのです。
その反応は感動として、自分のこころがふるえます。
そこが、このカリキュラムの入り口です。
あなたとの会話で、誰もが感動するっていうのは素晴らしいことでしょう。

こころに「からだ」でふれる(握手で気持ちは伝わる)

 

誰であっても、人のこころに直接ふれる事は出来ません。
しかし、「声」のセクションのように、何かを介在させればこころにふれることが出きるのです。
その一つがここでは「からだ」です。


相手の両腕を後からふれます。
あるいは手を握ります。
その時、からだは相手
こころに対して「快」を感じたり「不快」を感じたりという反応をします
と同時にふれている相手も同じように快や不快を感じます。
それが「こころ」の反応です。

その不快を快に変えるのがここでの目的の一つです。
あなたが握手をしたり、部下の肩をたたいたり、恋人の、子供の、友人のどこかにふれた時、相手が心地よく思えば、相手はあなたに自然にこころを開きます。

もう一つの重要な目的は、後の人があなたの両腕をさわって、あなたを動かします。
その時、相手の指示する通り動く、という作業です。
これは、
「人の意見を聞き入れられる、豊かな自分を作る」事を目的としたものです。

よく考えてみましょう。
あなたは、あなたの言葉や意見を受け入れてくれる相手を好きになるでしょう。
そして、信頼するでしょう。

つまり、それの逆で、あなた自身が
誰からも好かれ信頼してもらえる人になるのが目的なのです。
まず、イスに座って、後の人の指示に従うところからが入り口です。


●禅について   ●稽古と学ぶ ●お問い合わせ



●「熊野武禅」参加者の方のレポートです(個人ページ)

http://poanne.blog81.fc2.com/blog-category-3.html


「武禅」では、これらの三つの柱を中心に、「こころを届ける」を実現していくものです。
人と人の繋がりは社会的な立場が作っているのではありません。
もちろん、「社会的立場」というものが介在はしているのですが、実際的には、「あなたと誰かの繋がり」であり、こころとこころの繋がり、こころの共鳴現象です。
ある人に対してこころが共鳴するからこそ、話が聞けたり、考え方を受け入れられたりするのです。
その、こころを共鳴させることの出きる自分造りが「武禅」の目的です。

それを全く違う角度からいえば、「自分は相手からどう見えているのか」であり、その「自分を知っているのか」という事になります。
人は自分の思っているように自分を見てくれているのではありません。
演技や芝居などからいえば、「自分の表現していることを知っているのか」という事です。
この事からいえば、「武禅」では、そこで表現している自分に対して、自分という観客と、自分という演出者を作るという作業が出きるようになることを目的としています。
つまり、最高のパフォーマーを目指すという事です。
これらは、自己を成長させる、という事の非常に重要な要素です。
一寸難しいです。
それは、自分自身の硬くなった頭を柔らかくしたり、こころを開いて、自分の外の空気を吸う事だからです。
今迄の自分ではない自分、でも、その自分はステップアップした自分なのです。
勇気を出して自分の扉を開きましょう。




●日野武道研究所サイトマップ/English

武禅一の行
・ 武禅で何をするの
・ 行会案内
・ 参加者のレポートから
・ 武禅の一日

武道塾
・ 武の存在意味
・ 武道に極意なし
・ 武道的対人論
・ 合宿レポート
・ 教室 
・合気道研究

●海外での指導

身体塾
・ 骨格で考えよう
・ 身体を連動させる
・ 身体の法則性
・ 身体の学び方
・ 表現者へ
●海外での指導

●武道を学校に導入?
●稽古と意識
●ギエムという芸術
●文楽は武道だ
●胸骨トレーニング
●メンタルトレーニング?
●トレーニングとは?
●稽古と学ぶ
●故伊藤先生のこと
フォーサイスカンパニーでの一週間

●練習の仕方

●過去のワークショップ一覧


・日野晃の著作物/DVD他

・メディアでの紹介

・予定表

・ブログ(毎日更新)

・グッズ・本やDVD・Tシャツ販売

・リンク

・過去の更新履歴

・お問い合わせ