目次

1● 所詮死んだら終わりだから……

 「人は死ぬものだ」
 「自分が生きている」
 「本当の常識は『自分が生きる』が根底にある」
 「自分を判ってもらう必要はない」
 「自分を判ってほしい、という独り言は高校生で卒業」
 「理解するって一体何?」
 「隣の人は外国の人」

2● 人は生れ乍らにして人なのではない


  「人は自分の強烈な意志を持った時、目的を達成できる仕組みになったいる」
 「出来ないことを悩むな」
 「出来ないは、プログラムのせい」
 「親らしさもプログラムだ」
 「すでに願望は達成できている」
 「自分といえるものは全然ない」

3● 頭は馬鹿でも、身体は超能力者


  「自分はどこから自分?」
 「身体がまず判断している」
 「言葉の反応の実験をしましょう」
 「まず、言葉は身体に反応する、そこが言葉を使う入り口だ」

4● 言葉では何も解決しない


  「言葉に捕まれば人生も狂う」
 「言葉で自分を行動させることは出来ない」
 「自信?」
 「自分を知る」

5● 働くのに意味なんてない


  「仕事?」
 「どっちにしても自分がやっていること」
 「仕事をしている、はどういう事?」
 「○○の為に生きる?有り得ない価値観に振り回されるな」
 「給料の安定か、自分の満足か」

6● 自分のやりたいことが仕事だ!

  「会社が先か、自分が先か」
 「仕事を選ぶ動機に、理由はいらない」
 「結論は、やるのかやらないのか」
 「我慢をするくらいなら、やめたほうがまし」
 「人は、無理をしなければ自分を判らない」
 「成功の秘訣は、成功する迄やり続けること」
 「行動は、頭では考えられない変化を起こす」
 「ノウハウ先行主義の馬鹿さ加減」
 「ノウハウは問題をすり替えてしまうこともある」

7● コミュニケーションは言葉ではない


  「コミュニケーションはすでに始まっている」
 「コミュニケーションの原点・ふれあい」
 「総合的なコミュニケーション・セックス」
 「恋愛から結婚ではない、パートナーを見付けられる自分になれ」 
 「恋愛からの成長」

8● 勉強がどないしたんや?


  「勉強は何の為にあるのか?」
 「学校の勉強は、人生そのものとどんな関係があるんや」
 「コンプレックスは、価値観を変えてくれる」
 「自分で取り組んだ失敗は成功の元」

9● 勘違いするなよ


  「リラックスとだらけるは全然違うで!」
 「集中力は熱中力」
 「緊張は、実力以上を引き出すエッセンス」
 「リラックスは集中力」
 「何で『リラックス』が必要なのか?」

10● 自然体は価値観のレベルアップ


  「自然体は不自然体」
 「自然体は価値観のレベルアップだ」

11● 自然体は真の自己主張


  「過剰防衛」
 「免疫のコントロール」
 「本当の自己主張」

12● 子育ては趣味と違うで


  「言葉で、子供は育てられない」
 「親の責任とは?」
 「子供は感情で育てろ!」
 「動物園のライオンは、草原には帰れない」
 「無菌室状態は、未熟児しか作らない」
 「私達は、社会で生きる為に誕生した」

13● 人間は「人」が思っているより、ずっと素晴らしい


  「病気や故障は誰のせいやねん?」
 「病気になってから、いきなり生きる理由を考えてもしやあないで」
 「人間は素晴らしい」

14● 身体を部分品として扱うな、その考えが不幸の始まりになる


  「肉体を鍛えても健康にならない」
 「肉体を鍛えても強くはならない」
 「病気は誰にも治せない」
 「過保護がストレスをうんだ」

15● そこで、問題を解決する為に


  「脳は身体を支配している、だから」
 「楽観的であれ・楽観的は、今、自分の行動に集中できている、という事だ」
 「自分の決断だけが、自分の可能性を開く」

 

●常識を打ち破れを購入

 

戻る

TOP

●日野武道研究所サイトマップ/English

武禅一の行
・ 武禅で何をするの
・ 行会案内
・ 参加者のレポートから
・ 武禅の一日

武道塾
・ 武の存在意味
・ 武道に極意なし
・ 武道的対人論
・ 合宿レポート
・ 教室 
●海外での指導

身体塾
・ 骨格で考えよう
・ 身体を連動させる
・ 身体の法則性
・ 身体の学び方
・ 表現者へ
●海外での指導

●武道を学校に導入?
●稽古と意識
●ギエムという芸術
●文楽は武道だ
●胸骨トレーニング
●メンタルトレーニング?
●トレーニングとは?
●稽古と学ぶ
●故伊藤先生のこと
フォーサイスカンパニーでの一週間

●練習の仕方

●過去のワークショップ一覧

・日野晃の著作物/DVD他

・メディアでの紹介

・予定表

・ブログ(毎日更新)

・グッズ・本やDVD・Tシャツ販売

・リンク

・過去の更新履歴

・お問い合わせ